着けたら拭く、を習慣に

基本のジュエリーお手入れ方法

ジュエリーは日ごろからケアすることで、その輝きを保てるものです。ここでは、ジュエリーの基本のお手入れ方法をご紹介したいと思います。

ポイントは、 「着けたら拭く」です。

ジュエリーに、皮脂や汗、化粧品が付着することは避けられませんが、この汚れを放置しとくと、デリケートな宝石類(パールやトルコ石など)にダメージを与えることになります。

たとえダイヤモンドのような強い宝石でも、汚れをふき取らないままにしておくとくすんでしまうのです。

ジュエリーは必ず着けた後は、シリコンクロスのような布などでよく拭いてからジュエリーボックスに収納する(できるだけ個別に保存してください)。

そして、拭くときは、擦らず優しくほこりを払う程度の力で行うことが肝心です。

空気中のほこりには水晶の微粒子がたくさん含まれています。水晶はかなり硬度の高い結晶なので、水晶より硬度の低い宝石は傷ができてしまうのです。

リングやネックレスなど宝石を支えている爪の部分はほこりや汚れがたまりやすいところでもあります。細く軟らかい毛のブラシを使ってそっと掃うようにしてください。

大切なジュエリーを長く使うための心構え

マリッジリングを外さず家事をしている人って、けっこう多いのではないでしょうか?

ジュエリーは意外に繊細なもの。つくりの細かいリングの場合、細い溝に流しきれない石けんが埋まってしまうことがあります。気がつくと汚れが付着しくすんだ印象になってしまいます。そうならないためにも、着けたまま水仕事するのは避けましょう。

また、プールや温泉に行ってネックレスなどそのままつけている人を結構見かけます。

プールは塩素が入っていたりしますし、また天然温泉ですと成分によってはジュエリーを痛めます。シルバーのアクセサリーをつけたまま温泉に入ったら真っ黒になってしまった!という経験がある人はいませんか?

以前、ダイヤのリングを買ったとき、店員さんに言われたのが「家事をするときは絶対に外してください」ということ。

いくら硬度が高くても、石けんや洗剤によって、地金に傷がつく可能性があるというのが、その理由でした。

また、化粧品やヘアスプレーもジュエリーの大敵。ジュエリーを着けるときはメイクが終わってから着けるよう心がけましょう。