鑑定書と鑑別書の違い

ジュエリーのグレードにより異なる証明書

ジュエリーを購入すると、まずきちんとしたお店であれば必ず『鑑定書』や『鑑別書』がもらえます。どちらも同じようなもののように思えますが、実際は違います。

『鑑定書』(品質保証書)がつくのはダイヤモンドだけなのです。

もし、すぐに鑑定書が見られるようなら実際に見てください。ここには、ダイヤモンドのグレードを決める「4C」に沿って、そのダイヤモンドがどのグレードのものなのか記されていると思います。

ちなみに、私が結婚するとき主人からダイヤモンドのエンゲージリングをもらったのですが、この鑑定書には形質及びカット(Shape&Cut)、寸法、重量(Carat)、カラーグレード(Color)、クラリティグレード(Clarity)、カットグレード(Cut)について記載されているとともに、仕上げや蛍光性、カットされた寸法について事細かに記載されていました。

また、鑑定した鑑定士(グレーダー)のサインが二人分入っていました。

これは、ひとりの鑑定士だけが判断したのではなく、少なくとも二人の鑑定士によって同じグレードが認められたと言うことを意味しています。

『鑑定書』に対し『鑑別書』はダイヤモンド以外のジュエリーに付けられます。

内容は基本的にはダイヤモンドと同じですが、それぞれのジュエリーごとにグレードの基準が異なるため、記載されている事項は変わって来ます。

鑑定書、鑑別書ともに、そのジュエリーの価値を表している証明書ですから、なくさないように大事に保管することが重要です。

信用できる鑑定機関

ダイヤモンドの鑑定機関としてもっとも権威があるのは、ベルギーのHRDとアメリカのGIAです。

HRD(Hoge Raad voor Diamant )はベルギーの4つのダイヤモンド取引所を総括する公益法人です。その鑑定部門は公平かつ正確であると定評があり、世界でもっとも権威のある機関であるといえます。

GIA(Gemological Institute of America)はアメリカにあり、ダイヤモンドの「4C」を定めてシステム化した鑑定機関です。ハリー・ウィンストンやカルティエなど海外の有名ジュエリーブランドやクリスティーズ、サザビーズといった有名オークションもGIA基準で鑑定をしています。

日本にも多くの鑑定機関がありますが、ほとんどが株式会社組織の機関です。

その中でももっとも信頼度が高いと言われているのが、AGT(AGTジェムラボラトリー)か、中央宝石研究所です。AGTはGIAと提携しており、中央宝石研究所はHRDと提携しており、この2つの鑑定機関は、日本国内のみならず海外でも非常に高い評価を得ています。

業者によって、独自の鑑定基準を設け鑑定書としているところもあるようですが、最悪な場合、架空の鑑定機関をでっち上げ、鑑定書を作成する業者もいるとか。信頼できる鑑定機関の基準を用いた鑑定をしているお店で購入し、鑑定書は保管しておくことがとても重要になります。

そして、ついカラット数の大きさに注目しがちですが、実際はカットやクラリティ、カラーも含まれた上でグレードが決定されることを覚えておきましょう。いくらカラットが大きくてもインクルージョンが多かったり、カットが悪いものは評価が下がってしまうのですから。