入りやすい買取店を探して

まずはネットで査定をお願いしてみる

私がダイヤモンドを売ろうと思い立ったとき、パッとイメージしたのは『質屋』。なんですが、ちょっと入りづらい…。ということで、ネット検索をすることに。

最近は、webで査定をお願いできるお店も多いので、自分の手持ちのジュエリーが一体いくらになるのか知ることができます。いろいろ詮索されそうで、お店に行くのはちょっと…という人にも、この方法は便利ですよね。

だいたいの査定価格を知れば、お店に行く前に売るか売らないかの判断ができるのは良いと思います。

もちろん、見積もりをお願いしたからといって、必ずそのお店に買い取ってもらう必要はありません。いろんなお店にお願いしてみて、その中で納得できる価格を提示してくれたところ、もしくはメールでの対応から判断するのもいいでしょう。

電話をかけて、対応を見よう

しかし、実際に信頼できるかどうかは、やはり直接やりとりをしてみないことには分かりません。

かなり実績のあるお店に問い合わせをした時、最初に出た相手がどうもアルバイトの女性だったようで、不安な思いをした経験があります。こちらが問い合わせをしたい内容について上司に確認をとっているのでしょうか、何度も保留にされスッキリしないまま終了したことがありました。

お店に足を運び、実際に査定をお願いすれば、きちんとした鑑定をしていただけるショップだったのかもしれません。でも、あまりにもお粗末な対応だったため、候補から外しました。

ごり押ししてくる業者は要注意

候補の買取店を決めたら、できるだけ直接足を運んで査定をお願いすることをお勧めします。

最近では、宅配便での買取を行っている業者も多く、わざわざ出掛けずにすむという利便性もありますが、それではどういった基準で査定をしているか不安になるのではないかと思うのです。

また、出張買取を行っている業者もありますが、これも自宅まで来て目の前で査定をしてくれる業者かどうか、チェックが必要です。単にピックアップだけして、後日の返答ですと、やはり査定基準が分からないからです。

買取業者を選ぶ際に、ぜひ注目していただきたいのが、実際にきちんとした資格を持っている鑑定士が常駐しているかどうかという点です。

鑑定士はたくさんのダイヤモンドを見慣れていて、商品知識も豊富です。査定基準について、きちんとした説明をしてくれるかどうか、出された査定価格は納得のいくものかどうか、そこで信頼できるかどうかがわかれると思います。

また、ここが大切ですが、直接足を運び査定をお願いしたからと言って、必ず買い取ってもらわなくてはならないと言うことはありません。

むしろ、ごり押ししてでも買い取ろうという業者こそ注意が必要です。

出された査定価格で買い取ってもらうかどうか決めるのは自分自身。実際に雰囲気に飲まれてしまって、不本意な価格で買い取ってもらう…ということも多々あると思いますが、できるだけ毅然とした態度で、自分が納得がいくかどうかを優先したいものです。

おすすめショップを比較してます>>>